にゃんころりん♪時々、飼い主さん探し

うちの猫たちや犬のこと

04 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 06

またしても・・・♪ 

            本題に入る前に

            CIMG5639.jpg

            じ~っとエビを見つめております。銀くん。

       CIMG5637.jpg

         本題ですが、またしてもモモタロウ尿道閉塞再発。 ん、この表現であっているのか

         今回は頻繁にトイレに行っているのを見ていなく、思い当たるといえば一度だけトイレじゃ
         ない場所でおしっこポーズをとったので、「オイオイ、そこは違うでしょ~。」ととめたこと
         くらいでそんなこと日常ないことなので、今考えると出ないことを知らせたかったのかも
         しれません。

         夜中の二時半、変な唸り声に起こされモモタロウのところへ行くと、いつもの様子じゃない
         ことから、すぐ一年半前の閉塞のことが頭をよぎり、完全におしっこが出なくなってから
         24時間がタイムリミット。
         いつからそうだったのかがわからず、かかりつけ病院が開くのを待つことができないと
         近くの夜間救急病院へ電話をしたのですが、診療終了時間の午前3時だったせいか
         対応できないとの音声テープが流れるだけ。
         パソコンを開き、ネットで探すと・・・
         動物救急センター なるものがあり、パ二クリ
         ながら今の状態を知らせると、診てもらえるとのことですぐに向かいました。

         その病院、私は知らなかったのですが二次診療としての病院で、かかりつけ病院が
         休診、夜間の急患に対応してもらえるところで昼間の一般の診療はやってないところ
         なのです。
         昼間いくとするとかかりつけ病院からの紹介状が必要なようです。
         ・血液検査(血液ガス・電解質、CBC、生化学検査)
         ・尿検査
         ・尿道閉塞解除、膀胱洗浄
         ・各種薬剤入りの点滴

         と、一時間半にわたり2人の獣医師でやっていただきました。
         この病院、あくまで二次的なものとのこと。
         「今回の診療と血液検査の結果はfaxでかかりつけ病院へ送っておきますので、今日中に
         かかりつけ病院で以後の処置をしてもらってください。」 と先生。
         各種検査の説明を受け、病院を後にする頃には真っ暗だった夜空が明るくなっていました。
         
         かかりつけ病院に行き、再度の血液検査の腎機能は改善していて抗生剤の注射をして
         もらい、療法食の説明(知っていますとも言えず)をしてもらい重複した検査もfaxしてもら
         ったおかげでなくて驚きと勉強の一日でした。
         ストルバイトは療法食で改善できるものなので、今回はしっかりと食べてもらいます!

         各地にこのような動物病院があるので、急病のときのため調べておかれることをお勧め
         します。
         診療代金は、検査や診察などによっても違うのでしょうが初診料がちとお高いくらいで
         さほど高額ではありませんでした。もち、お安くはないですよ。 
         カードでのお支払いもok。
         電話でどれくらいか事前にお話してくれていたのも助かりましたね。
        

            

スポンサーサイト


桃太郎  :  trackback 0   :  comment 2    top

マイクロチップ♪ 

            我が家で唯一マイクロチップの入っているモモタロウ・・・

                791.jpg

             今更ながら、すっかりと忘れていたゴメンよ~                    
                 モモタロウのマイクロチップ飼育者変更届完了。
             

              CIMG5479.jpg

         
   マイクロチップの登録、忘れずになさってください。                  


桃太郎  :  trackback 0   :  comment 0    top

モモタロウのワクチン♪ 

        年に一度の三種ワクチン。

        さくっと捕まえられるこなら、策を講じることもないのですが・・・

        なんせモモタロウは逃げる逃げる~。

        CIMG5453.jpg

        猫部屋にはあちこちにステップを使っの逃げ場を作ってあり

        お客さんがお見えの時は、必ず猫たちは隠れ、そのための隠れ家。

        CIMG5452.jpg

        で~も~、捕まえるためにはそれが災いしてしまうので退路を断ちます。

        CIMG5449.jpg

        洗濯ネットは必需品で

        このままワクチンをしてもらえます。

        ビビリーなこの通院、なにかと大変ですがなんとか考えて行かねば!

        モモタロウは我が家で唯一爪を切ることができないこです。
        
           難--------------------------------→易
           モモタロウ・コロ・ふぅこ・千尋・銀

        


桃太郎  :  trackback 0   :  comment 0    top

怒涛の先週末&モモタロウの尿路事情♪ 

        とある工場地帯の片隅に、母猫と子猫6匹がいました。

        普通は気付かないのでしょうが、私は見つけてしまうのです。

        餌をあげていたわけではないので、見なかったことにすることもできたのですが

        これも一つの縁・・・今の私にできることはこのブログtopにありますTNRしかなく

        手術のできる時期を見計らい、先週の土曜日夕に2匹捕獲し日曜に病院へ・・・

        そして、日曜夕にはもう1匹・・・母猫はさすが警戒心が強く。捕まらず。

        なるべく短期集中でやりたかったのですが、あとは仕切り直しの後日。

        6匹の子猫、1匹は事故でなくなり5匹、あとの2匹は両日とも見かけず。

        CIMG5143.jpg
                        
        CIMG5162.jpg
            そっくり、当たり前ですね。姉妹ですもの。

        CIMG5154.jpg
            このこもメス。

        野良猫に餌をあげる人はたくさんいますが、TNRまでしてくれる人は残念ながら

        少なく・・・可哀そうと思う心をもう一歩進めてもらい増やさない手術を是非

        お願いしたいです。

        ノウハウは地域のボラさんに尋ね、丸投げでなくご自分でやることを言えば

        快く教えてもらえるのではないでしょうか。

        2泊狭いケージですごしてもらい、夜、捕獲した場所でリリース。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
      791.jpg モモタロウ 5.8kg

 そして、モモタロウの尿路事情とは・・・やはり再発。


 尿道閉塞が今年の2月、療法食を食べないモモに市販の尿路結石に配慮したものをあげていたのですが

 先週末より頻尿・・・すぐに病院へgo

CIMG5167.jpg

尿検査の結果は、やはりな結果で今回はしっかと

  CIMG5144.jpg

 こちらを食べてもらうようにします。

 頻尿になったら、尿を持って病院へ行かれることをお勧めします。

 採取には、システムトイレだと便利ですよ~。しゃがんだら、下の引き出しを出してマットに

 吸わせないようにします。それをスポイトで取ればいいのです。

 怒涛の先週末。。。ちょっと風邪気味です。

 

        


桃太郎  :  trackback 0   :  comment 0    top

モモタロウのその後♪ 

        きょうはこのお方のその後を

        755.jpg



        2月の初旬に膀胱炎との診断を受けたモモタロウ、あまりの頻尿と血尿に

        私もそうであろうと思い受診。

        なにせモモ君は病院へ行くのも大変・・・ 家中を追いかけごっこすること30分

        大変な思いでサクッと洗濯ネットにお入りいただき、そのままキャリーin

        でないと病院で大変なんですぅ・・・もち、ネットinのまま受診。

        尿検査、一部エコー検査、抗生剤のお薬が飲ませられないのでコンべニア注射。

        幸いなことに、膀胱にストルバイトはないもののお医者さんからは、できるかも

        しれないので注意するようにとのことで帰宅。

        943.jpg

        その後、頻尿もおさまり大したことなくて良かった~と、したらですよ・・・

        こ~んな姿で寝ていることの多いモモが二週間後にまたしても頻尿で

        トイレを見てもおしっこの形跡が全くなく、変な鳴き声をだし具合が悪そう

        捕まえるのもネットに入れるのもすぐできるなんて、こりゃ大変マジ大変

        気ばかり焦り病院へ

        結果、尿道閉塞でした。

        膀胱には石はないのですが、細かな砂のようなものがうっすら影として

        写っていて、それが尿道に詰まりおしっこを出せないでいたのです。

        このままの状態が続くと最悪なことになってしまうところでした。反省

        949.jpg

        血液検査からも悪い状態であることはでていて、その日は点滴で体に

        たまった毒素を洗い流すため入院となり

        翌朝の血液検査は、すでに正常値にもどっていたので夕方の退院。

        今後も膀胱炎など気を付けて定期的に尿検査をしなければ

        との思いを強くしました。

        948.jpg

        たくさんお水を飲んでもらいたいので給水機など買ってみたりした

        のですが、肝心なモモが飲んでいるのを見たことがないのです。

        PHコントロールの療法食、これまたおいしくないらしく全く食べて

        くれないので、いろいろと試してみようと思います。

       


桃太郎  :  trackback 0   :  comment 5    top